DAMの精密採点っぽいことを PCで実現してみる(ほぼフリー)

カラオケDAMの精密採点の醍醐味は、やっぱり「見えるガイドメロディー」によって音程の良し悪しが一目で確認できてしまうことだと思います。精密採点がどんなものかの説明は公式サイトWikipediaに詳しいですが、カラオケに付いている採点システムの中では本格的なものです。

見えるガイドメロディーで音程の良しあしが一目でわかってしまう
カラオケ屋以外で使えないか

この精密採点の見えるガイドメロディーに似たものをカラオケ店以外で使えないか、PCなどで実現できないか調べてみました。するといくつかのものがヒットします。

Wiiのジョイサウンドのソフト
DSソフトのバンドブラザーズDXのカラオケ
PCのVoitrainer

ちなみにジョイサウンドWiiの見えるガイドメロディーの動画はこんな感じです → 「スキップ ステップ アイランド」でJOYSOUND Wii SUPER DX全国採点に挑戦!

どれも精密採点の見えるガイドメロディーに近い働きをしてくれそうです。ゲーム機を所有している人にはいい選択でしょうし、PCで使えるVoitrainerはお金を出して買う価値のあるソフトだと思います。

PCのフリーソフトで再現できるか

でもあえてそれをPC上でしかもフリーで実現できないかを考えてみました。するとこんな方法を思いつきます。

用意するものは、

DAWソフト(Music Creator5 $39)
Gsnap (Free のVST)


DAWソフトがフリーじゃないではないかと言われそうですが、フリーのDAWソフトも世の中にはたくさんあります。私は楽をしたいので使い慣れた有料のMusic Creator5を使っているだけです><

あと曲(MIDI)ファイルも必要です。Yamahaのサイトでは1曲210円で売られているのを利用していますが、これもただ楽をしたいから使っているだけで、自分で耳コピして打ち込めばフリーです。

GsnapというVSTを活用

Gsnapとは何かというと、本来はボーカルの音程を修正するソフトです。原理は簡単です。マイクから入ってきた歌声が正確でないとき(だいたいそうです)、Gsnapが本来の正確な音程に直してくれます。
Gsnapはボーカルなどの音程を修正してくれるソフト。
修正の際に、元々の音程と修正後の音程が表示される。

その際、元々の音程と修正後の音程がグラフ化されてどれくらい修正されたかが一目でわかるようになっています。それを精密採点の見えるガイドメロディーのように使えるというわけです。

おまけにMIDIファイルのボーカルのトラックをGsnapに読み込ませると、今歌うべき音程の鍵盤が光ってくれるという至れり尽くせりな環境の出来上がりです。

画像で見てみるとわかると思うのですが、今歌うべき音程・実際に歌った音程・修正後の音程が一目でわかるようになっています。

言うは易し行うは難し

欠点があるとすれば、表示上のグラフはドレミファソラシの1オクターブしかないので、メロディーが上がっているのに表示上は1オクターブ下の鍵盤が反応することくらいです。これは慣れれば気にならなくなります。
Gsnapを使用してみた写真。
歌声の音程がグラフ化されて一目でわかる。


この方法を使うためには、まずDAWソフトの知識が必要ですし、Gsnapをソナー系のDAWで使うときはVSTをVSTiとして登録するという面倒な手順が必要なため、詳細な設定方法を記述するのは難しいです。

これを読んだ方で、詳細が知りたい時などは、コメント欄などからお問い合わせください。

【追記】のちにGsnapの詳しい設定方法を紹介しているページを発見しましました。程々にDTM: Music Creator 5でGsnapを使う設定に書いてあります。

0 件のコメント :