使用機材:TTS-1 (GM2音源) 軽くて音色もそろってるPCM音源

DAW(Music Creator 5)のおまけのソフトシンセです。扱いやすくて性格がいいので、MIDIを使うときはだいたいこれです。

昔、まだHyper Canvasとして販売されていたときは、SC-88シリーズのソフト版と言われていたような気がするのですが、最近そういう人がいないので記憶違いかもしれません。実際の音源の種類としてはGM2音源なのだと思います。

昔のハード音源と現在主流のソフトウェア音源の中間みたいな使われ方をするソフトだと、個人的に勝手に思っています。


TTS1の解説でおすすめなサイトは:TTS1登場

【関連記事】SONAR好きと Cubase好き。対決。

0 件のコメント :