北極点単独歩行を断念~といえば

時事ネタに関連する記憶・思い出を引っ張ってくるコーナー。

北極点単独歩行を断念 冒険家の荻田泰永さん - MSN産経ニュース

 カナダのワードハント島から氷上約800キロを1人で歩いて北極点を目指していた北海道鷹栖町の冒険家、荻田泰永さん(34)が16日、気象条件の悪化などにより、冒険を断念した。出発から14日目で、約69キロ歩いた地点だった。成功すれば日本人では初めてだった。

来年以降につなげるための断念だったようです。昔と違って北極へ行くということ自体は不可能じゃないのに、あえて一人・補給なし・援助なしというルールを設定して実行するって、ほんとに凄いことだと思います。

個人的に印象に残っている「北極 冒険」といえば、2000年の石川直樹さんのPole to Pole2000です。

2000年、カナダの冒険家マーティン・ウィリアムスが企画したプロジェクト「Pole to Pole2000」で日本の代表に選出され参加。世界7カ国の若者と共に、4月5日から12月31日まで、9ヶ月間かけて北極点から南極点をスキー、自転車、カヤック、徒歩などの人力で踏破。

ウィキペディアより。ここには記載が無いですが、このとき石川さんは冒険の様子を書いた文章を衛星電話で随時アップして公開されていました。

今はツイッターのようなものが当たり前のようにありますが、ブログという概念もない時代にそんな画期的な試みがあって、それをリアルタイムで見られたのが、強く私の印象に残っています。

0 件のコメント :