ブログ停滞期にありがちなこと

気がついたらブログを全然更新していないです。書いていないかというとそうではなくて、下書きはいっぱいあるのに更新に至らない。これは初めてのことじゃなくよくあることで、その停滞期にいまいるわけです。

というかブログをやっている人なら誰でも似たようなことはあるでしょう。検索から来た同じような状況の人、もしくは未来の自分に向けて、停滞期ってどんな感じを記録してみます。

なぜ更新しないかというと、

・内容がこのブログに合わない気がする

一応今までの流れってものがあるのに、急にこの話が出てくるのは変かなって思ったりします。それで更新を諦めます。

たとえば大津のイジメ問題などは、突然出てきたら変かなって思ったり。

・話がうまくまとまらない

ひとつ言いたいことがあって書いてみたけれど、その理由が理由になっていない気がしたり、話の対応がよくわからなかったりする。

書き始めから結論までうまくつながらないぞーって場合です。

熱くなって書き始めてみたら、実はたいしたことを考えていないことに気づいてしまう。ということもあります。

それはいつものことでは

ここで重要なのは、それっていつものことじゃないのってところです。ここは特にテーマに縛られたじゃないので何を書いてもいいし、一本筋の通った文章じゃないのも通常通りです。

じゃあ何が問題なんでしょう。気になるのと気にならないの差でしょうか。

まあ原因がわかったら何も困らないわけで・・・。

0 件のコメント :