blogger.comの関連記事を表示する方法(簡易版)

ブログ記事の関連記事を表示する機能は標準であってよさそうなものなのに、私達のblogger.comにはありません。追加で選べるガジェットの中にもないようです。

使うとしたら裏技的な方法で実装する必要があります。これに困っている人も多いかもしれません。

Zenbackであなたのブログに全てのフィードバックを。というのがよく名前が上がりますが、難しいイメージがあったり、動作が重たくて嫌いな人が居たりするそうです。またどちらかの仕様変更で一時的に使えなくなったこともあるそうです。

あと他にあるのは英語のツールだったりして、やっぱり面倒ということになってしまいます。

一つの解決策はすべて手動でするということです。維持するのがめちゃくちゃ大変かと思いますが、重要な記事だけに限ればできなくもありません。

ブロガーにとっての関係のある記事への誘導機能は「ラベル」だけだと割り切る方法もあります。でもラベルをクリックして記事を見てくれる人って本当に少ないです。その先にあるタイトルが見えないからでしょうか。

要するに関連記事の表示機能が欲しくなる理由って、本来のラベルによる誘導が活用されていないからなのかもしれません。

さて、じゃあブロガーの記事の「仲間」「グループ」をラベルで管理するとしたら、あとはそれらのタイトルを表示してくれる手段があればいいんじゃないかと、そんなことを思いつきました。

実はラベルごとのフィードを出力する方法は前からあります。2006年くらいから使われているのでたぶんこの先も使えるでしょう。

フィードのタイトルを記事に埋め込むのも一般的によくある話です。それで関連記事一覧のようなことはできないでしょうか。

ラベルごとのフィードを出すのは手動でもできますが便利なツールが公開されています。Blogger beta のラベルフィード | クリボウの Blogger TipsでラベルごとのフィードのURLを作りましょう。

【やり方 ここから】

  1. ブログURLを入れます
  2. ラベル名を入れます
  3. 全文でも要約でもいいです
  4. Atomでいいでしょうか
  5. 決定を押します
  6. URLをコピーしましょう


RSSを埋め込むツールはブログパーツ「単眼RSS」があるようです。無料で広告もないです。


  1. >> 「単眼RSS」 貼付けコード生成を開きます
  2. 各RSSからの取得件数とリストの最大表示件数を任意の数字に設定します。私は30くらいにしてます。
  3. リンク先を同じウインドウで開くをお好みで設定
  4. カテゴリーを選びます うちは一般サイト
  5. 改行区切りでRSSのURLリストを入力に先ほどのURLを入れます
  6. 他の項目もお好みで
  7. 貼付けコードを生成をクリックします


出来上がったコードをブログ記事にHTMLモードで貼り付けましょう。

【やり方 ここまで】

手動と自動の中間くらいの方法です。ラベルは手動で指定するので、手間はなくはないですが、全自動よりは間違いが無いです。

これで同じラベルの記事のタイトル(とリンクのリスト)を見せることができるようになりました。

まとめると、ブロガーには関連記事機能がなくて、標準のラベルはあまり使い勝手が良くない、だからラベルの欠点を克服しようということです。

他の方法も含めて、標準機能じゃないものを使う大変さっていうのを感じます。

0 件のコメント :