これは覚えたいMC6 ~パンチイン録音

磁気テープに録音する場合、すでに録音しているところに意図しない重ね撮りをしてしまう事故がよくありました。

いまはDAWソフト(ここではMusic Creator 6)なので、そういうことはありません。「もとに戻す」でもいいですが、クリップが重なるだけなのでで、いらないところだけ選択して消すこともできます。

というわけでパンチイン・パンチアウトの必要があまりなくなっているのかもしれません。それでも依然としてパンチ機能は便利です。

また録音するときに、録音するところより少し前のところから再生して心の準備をしておくためにもとても有効です。

パンチポイントを指定して曲を再生すると、指定した区間が始まると録音が始まり、指定した区間が終わると録音も終わります(再生は続きます)。

具体的には(いくつか方法があるようですが)、ルーラーの任意の区間を選択して右クリックし、パンチポイントをセットするをクリックします。


すると赤い線で囲まれた部分だけ録音されるようになります。

0 件のコメント :