シェアリーSIMの使い勝手を検証 用途の幅は広い

シェアリーSIMが手に入ったので早速テストしてみました。そもそもの発端の記事は過去記事へ。

次のような結果が表示されてちょっと嬉しくなりました。

up 134kbps
down 147kbps
ping 308ms
(speedtest.netより)

このブログの別記事にいただいたコメントによると、
Up 240Kbps
Down 158Kbps
Ping 377ms
(匿名様 speedtest.net)

同じような結果になりました。

どう説明するか難しいですが例えるならIIJmioとほぼ同じ、といったところでしょうか。この価格帯のSIMでは良い方でしょう。

特徴としては速い時は速いけど瞬間的に0の時間があります。グラフにすると小刻みに波打つ感じです。これはどういう意味があるのかはまだわかりません。回線の流れが時々詰まる感触があるのは確かです。

■Youtube

動画は無理かと思ったら、絵は静止画で音声だけの動画はちゃんと見れました。日本通信イオンAのときは回線速度にかかわらず、この種の通信が規制されていましたが、シェアリー(toppa系)は大丈夫みたいです。

■Skype

日本通信イオンAの時は空いてる時間だけやっと会話できるレベルでした。シェアリーは遅延もなくノイズもなく、Wi-Fiで通話しているのとあまり変らない感じです。ただ時間によるかもしれません。

■Twitter

普通にOKです。添付された画像の読み込みはそれなりだけど、日本通信イオンAよりはずっと速いです。

■GPS

A-GPSは使えません、という文章がToppaのほうにあった気がしますが、私の機種では関係なく正常に動作するようです。持ってる機種によっては注意かも。

■2ch

念のためテスト書込してみたら正常にできました。読み込みが実用範囲なのは言うまでもなく。

■mixi

重いけど見れます。mixiのスマホ版ってWi-Fiでも重いレベルですけどね。

■まとめ

総合すると速度面と規制面で日本通信プランAよりもできることが広がった印象です。乗り換えてよかったです。

■電話番号

本当にどうでもいいことですが、SIMに割り当てられた電話番号がなかなかの良番でした。念のため公開はしませんが、一目見て覚えられて忘れない番号でした。これがMNPできないなんてもったいない!

ほかにわかったことがあったらまたすぐ記事にします。

2 件のコメント :

匿名 さんのコメント...
匿名 さんのコメント...