剛力彩芽の「ごり押し」騒動の裏にはこんな事情もあるのでは

最近、CMや番組などで剛力彩芽って人をよく見ます。実際相当CMなどに出ているそうで、ネットユーザーの間では事務所による「ごり押し」と、まるで悪いことのように言われています。

もしかしてあの事務所の人かなと思って、検索したらオスカープロモーションでした。やっぱりなと思いました。

佐藤藍子にしろ米倉涼子にしろ、オスカーといえばとにかくメディア露出を増やす戦法を使う事務所です。売り出し中のタレントはとにかく出して出して出しまくります。剛力彩芽も例外ではないということです。剛力彩芽だけが珍しい存在ということではありません。

このごり押しが、国民にとって何かデメリットがあるかというと特にないと思われます。過去に浴びるほどメディア露出を増やしていた人だって、ナンバー1になれるわけではありません。

なんで事務所の強力なプッシュが嫌われるのでしょうか。それはまず事務所の押しという行為に気づいた人が多いからでもありそうです。

強い弱いはあっても「押し」はどこにでもあります。ラジオを聴いていたら何分かごとに曲が流れますが、これもただ好きだから流している例はないでしょう。やっぱり曲を流すことでブームを作りたいとか、いろいろ思惑はあるはずです。

テレビやラジオの番組にちょとだけ無名の芸人が登場することがあるのも、ただ出しているわけじゃなく、事務所としても反応をうかがっているからでしょう。

ただ我々はふつうはそんな風に見ません。何気ないこととして処理してしまいます。有名だからメディアに出てるのかなくらいに思ってます。だから嫌われることもありません。

それにしても剛力彩芽のごり押しはわかりやすいです。多くの人が「これは事務所の力だな」って気づきます。ネットが使える時代はなおさらそうです。

もしかしたら事務所のプッシュが嫌われているのじゃなくて、「お前らの戦略に気づいちゃったよ へへへへ」っていう視聴者の優越感のようなものの裏返しなのではないかと。さっき思いました。

0 件のコメント :