バレンタインデーはやめなければいけない

今年もバレンタインデーの季節がやってきました。私は今の日本のバレンタインデーはどちらかと言うと必要ないと思っていて、中止したほうがいいと思っています。

元々の西洋の風習とはかけ離れた、日本独自のへんてこな行事になってしまっているからです。

といっても恋人同士でチョコを贈り合うのならいいと思っています。お互い好きでやっているし、元々の趣旨と合致していて大きな矛盾がないからです。

でも義理チョコってなんなんでしょう。また単にお世話になっていますの意味で配られるチョコもあります。どういう意味なのかちゃんとした答えを私は知りません。

お世話になった人に感謝するためなら、なぜ2月14日に女から男へ渡して、お返しが3月14日にする必要があるんでしょう。これといって意味は無いと思います。

事の発端からずいぶん拡大解釈されすぎてしまっています。だからどうしたのかと思う人もいるかもしれません。

これが逆の立場になったらどうでしょう。

オリンピックの柔道の中継でフランス人の強引な投技を見てイラッとした経験がある人は多くないでしょうか。

ハリウッドの映画に出てくる間違った忍者・侍・芸者に吹き出してしまうこともあります。

小説 ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上http://www.amazon.co.jp/dp/4047283312 を笑わずに見られません。

ハリウッド版のゴジラやドラゴンボールもやっぱり変だと思ってしまいます。


外国人が食べているカルフォルニアロールを見ると「それって本当の寿司じゃないんだけどなあ」とつぶやいてしまいます。

でも同じ事を自分たちもやってるじゃんって思うのです。ほとんどなんの疑いもなく。

だからやめなければいけないし、まずそういうことを認識する必要があると思います。

0 件のコメント :