映画のハリーポッターを全部見たので感想

ハリーポッターの5作目「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」をみてからだいぶ時間がたっていて、もう見なくてもいい気分だったのですが、ちゃんと見納めしたいという思いが出てきたので、6作目と最終巻のパート1とパート2を借りて来ました。

ほかにもシリーズ物の途中でやめた作品はいくつかあって、消火作業を続けるかもしれません。

ハリーポッターの6巻と7巻に相当する3枚のDVDは、全体的に暗めです。内容もそうかもしれませんが、映像的にも夜や森の中のシーンが多いせいで暗い部分が多いです。

これがPCディスプレイだと辛い場合があります。前にメインのものが壊れて仕方なく使っているうちのディスプレイでは暗いシーンがうまく表現できず、また日本人の黒い瞳では西洋人の作った暗いシーンが認識できにくいことも手伝ってか、映像を判別できないことが多いのがずっと気になりました。

という意味ではぜひ映画館で見たい部類の作品だと思います。最低でもTVに映したい。

ラスト3つの映画の中でも特に6巻の謎のプリンスは、大きな山があるわけでもなく、着々と物事が進んで行きます。正直言ってあまりテンションが上りません。

あと数時間でシリーズ完結という着地点が明確に見えているからこそ見ていられますが、完結前にオンタイムで見ていたらそう思えたか自信がありません。どうしてもシリーズの中の1話として見てしまいます。

よく「名作に続編なし」という言われ方をされますが、一流の映画というのは独立した作品でなければいけない、という信念が私たちの心に深く刻まれているのかもしれません。

良かったのは役者の成長に違和感がなかったことです。ストーリー上の時間進行と現実の映画製作の進行の都合で、役の年齢とはなれているにもかかわらず、ほとんど気にすることなく見れました。

ハリーポッターはシリーズを通してそれほど熱中できる作品ではありませんでした。これは第1作目を見た時からうすうす感じていたことでした。

でももし子どもの頃にハリーポッターがあって読み進めていたら、もっと深く世界に入り込んで、血となり肉となっていたかもしれません。

読む人に多大な影響を与える力をもった作品なのに、自分はその世代じゃなかったためにそうならなかったのはちょっと悔しいです。

0 件のコメント :