2013 2chの大規模流出事件について

2chで流出事件が起こる数日前のこと。ほとんどの2chサーバーが一時ダウンした日がありました。最近にしては珍しいなと思いましたが、すぐ回復したしそれ以上気にしませんでした。

それから何日かたった2013年8月25日21時頃、突然、すべての規制が解除されます。理由はよくわからないけど解除されて、2時間くらいしてまた規制されました。

で、ちょうどその時くらいから、何やらやばいことになってることがだんだんわかってきました。

最初はキャップのパスワードが流出したというがわかり、不正アクセスが疑われました。22時半ごろのことです。

23時頃には2ちゃんねるビューアの登録時のメールアドレス、パスワード、IPアドレス、などが流出していることが運営の書き込みより判明しました。

偶然0時すぎに私は2chでなにか漏れてるらしいという情報を見て、このことを知りました。私の使っているP2は含まれないと言われているけれど、まだまだ事件は発覚したばっかりで詳しいことがわかりません。

不確かな情報もたくさん流れてきます。もう寝ようと思っていたのに、不安でしばらく眠れませんでした。

結局、26日の13時ころに公式発表があってP2は大丈夫という事になりました。一安心ではありますが、今後どうなるか最悪のケースを想定しなければなりません。

それにしても今回の流出は3万件とも4万件とも言われていて、ビューアの購入者のクレジット番号(なんとセキュリティーコードも含む)と名前と住所と書き込みがセットで漏れ出るという悲惨なものです。

クレジットカードは再発行すればいいものの、匿名だと思って書き込んだのに、住所と本名が暴露されたらたまったものではありません。

今回は流出したデータが犯人だけが持っているのでなく一般サイトに拡散されているのでだれでも見られるようになっています。

それぞれのデータを突き合わせる作業があちこちで行われているので、2次的3次的な被害があると思うと恐ろしいです。

なぜ今回の流出が起きたのかはわかりませんが、ひとつ変なのは流れでたクレジットカード情報が、2ちゃんねるビューアの決済を行うN.T. Technologyでなく、2chのサーバーにあったらしいということと、トリップの元のパスワードも2chのサーバーにあったことです。

どちらも普通に考えたら本来あるはずのないものです。セキュリティコードなんて絶対に保存されないはずのものです。単なる流出とは次元の違う話にも思えてきます。

今のところ運営はだんまりみたいですが、ここまで来たらもう言い訳不能なのではないかと思います。

今後この事件は一体どうなってしまうのでしょうか。

0 件のコメント :