XPのWindows Updateができない!

PCにWindows XPを入れる機会があったのですが、これがまたものすごくやっかいです。

OSインストール自体はすぐ終わります。困るのはWindows Updateです。

私の入れたXP SP2の場合、エラーでUpdateできません・・・。対処法はいろいろあるみたいで、私はSP3を手動で入れました。「XP SP3」とグーグルで検索すると出てきます。

これPCにこだわりのある人は意地でもWindows Updateしようと思いますが、そうでない人はUpdateの必要がないと判断してしまわないか心配です。

で、SP3を入れたら今度はsvchostがCPUを100%専有する現象になやまされました。そういえばそんな事象あったなと。

これはWindowsの自動更新が原因なので、自動更新をオフにしてWindows Updateをすることで回避できます。もちろんあとでキリの良い所で自動更新を有効にしておくのを忘れずに。

それにしてもWindows Updateって更新プログラムの確認が長い。これのうりはユーザーの情報を一切送信しないことでプライバシーが保護されるところにあったはずで、Windows黎明期にはその必要があったのかもしれません。通信のログを見ると確かに何も送信されてないのですが、今の時代はもうちょっと別の方法がないのかと疑問に思います。

まあそんなXPともあと半年ちょっとでお別れできるはずなのでいいんですが。

0 件のコメント :