ブログの更新が滞ると、自分は何のためにブログやってたんだろうって考えてしまう

好きだからという理由だけで何年も前からやってるブログなので、自分のペースでできればそれでいいのですが、何ヶ月も記事を更新できない時は特に、もっとコンテンツを増やせたらいいなあって思います。

やろうと思えば書くことはあるのですが、書けないのは細かいことを気にしてしまうからです。

だから今日みたいに多少書いていることがおかしくても気にしないで思い切って更新ボタンを押してしまうという作戦を取ります。

傍から見て楽そうな更新といえば、いわゆるコピペブログです。誰かが書いた書き込みをコピーペーストして記事にするやりかたは、よく批判の対象にもなります。

これに関しては私はひとつ信じている事があります。

ある音楽の先生が言っていたのですが、旋律を作る作業というのは半分のDNAと半分のDNAが合わさって新しい生命が生まれるのに似ているという話です。

ということは無から何かを生み出すことは非常に難しいか無理ということです。だからコピペブログほど極端じゃないにしろ、何かを生み出すには既存のものを半分は使う必要があるのだと思います。

0 件のコメント :