リモートデスクトップ接続はじめて物語【Windows8.1Pro】

ある事情でリモートデスクトップ的なものが必要になりました。いままで手を出そうとおもいつつ手を出さなかった分野です。

それがものすごく簡単に設定できたので記事にしてみます。

一番名前を聞いたことがあるのはVNC。ほかに国産のものだとか有料のものだとか色々あるみたいで「あれもいいよー」「これもいいよー」という声が聞こえてきました。

でもそういえばうちのWindows8.1ってProだったよな、ということを思い出しました。

Pro版のWindowsはリモートデスクトップ接続が使えるはずです。軽く調べてみるとどうやら、ホストになるためにはPro版が必要で、クライアントになるなら種類は問わないということらしいです。

こういうことがあまり好きではないのは、設定が難しいからです。ルーターの設定を変えて、ポートを開けて、ファイアーウオールソフトの設定を変えて、通信を許可して、そのたびに再起動の連続…というです。

ところが、Windows標準のリモートデスクトップは簡単でした。

まずホストの方の設定でリモートデスクトップ接続を許可します。コントロールパネル、システム、リモートアクセスの許可、それだけです。

次にクライアントのPCを起動して、スタートメニューからリモートデスクトップ接続を選んで、ホストのIPを入力します。

ホストのIPって何かというと、コマンドプロンプトを開いてipconfigと打つと出てくる192.168.0.x(環境による)みたいなものです。

そしていつも使っているメールアドレスとパスワードを入力すると、あっさり完了。何もしないと低速回線向けの設定が使われますが、高速回線用にするとより良い感じです。

初めて自分で設定してみたリモートデスクトップの感想は…。普通に使うのとあまり変わらない、です。

とくにネット観覧のような作業だと言われなきゃ気づかないレベル。うちのルーターなんて旧規格でそれなりの性能なのに、気になりません。動画を見てもニコニコ動画くらいのサイズなら違和感ありません。

ただいっぺんに画面全体が変わるようなときは、スーッと切り替わる感じです。Windows8.1ならスタート画面とか。

いよいよIIJmioのみおふぉんに乗り換え【随時更新】

5月になったのでみおふぉんに乗り換えします。5月に入ってからはもちろん、4月中にも色々することがありました。

元々のメールアドレスがなくなるし無料通話の事情も変わるので、身の回りの人に説明するのですが、

「どこに変えるの?」
「IIJ」
「えっ」

どこに行ってもそんな感じです。

みおふぉんの初期費用はクレカから引き落とす方法と、現金で支払う方法があります。現金で支払うにはイオンなどへ行き、ウェルカムパックを購入します。

「IIJのみおふぉんのパッケージがほしいです」
「えっ」

イオンの店員さんもそんな感じです。

au から転出するために不要なオプションを外したり、MNP予約番号をもらう手続きもしました。auは解約するときの基本料とEZWEBの料金などは日割りで計算されます。今回はauショップには行かず、すべて157で済ませました。

「ちなみにどちらへ転出されますか」
「IIJです」
「えっ」

auのオペレータもそんな感じです。

IIJmioのみおふぉんの申し込みはネットから行います。ウェルカムパックにSIMは入っていません。

さすが音声プランだけあって(データのみより)書き込むところが多くて大変です。元のキャリアの情報からクレカの名義まですべて一致している必要があります。私は一致してて良かった。

と、この後もSIM到着から開通までいろいろあるので、動きがあり次第、随時このページを更新するようにします。

つづく

----------------------------------------------

かなり混雑しているといわれていたMNP手続きですが、

先日、MNP転入につきまして下記の様にご連絡しておりましたが、現在は転入の処理の混雑が緩和されており、通常通りお申し込みから最大1週間から10日程度でお届けが可能です。
大変ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません。今後ともIIJmio高速モバイル/Dサービスをよろしくお願いいたします。

とのことです。

私の場合申し込んであっというまに本人確認が終わって、元の携帯電話が止まって、発送のメールが来ました。申し込んでから4日で使える計算になります。楽しみです。

それにしてもこのみおふぉんというサービスは、つくづくアーリーアダプター向けのサービスだなと思いました。というのもMNPの注意事項を読むだけでも色々な制限がたくさんあるからです。

何らかの事情で名義が一致しない人も多いでしょう。夫婦の携帯を夫が契約するなど普通に考えられます。また引っ越しの途中とか出張でどうしても転送を使わないと荷物が届かない人もいるかもしれません。また2日間も携帯が使えないなんて無理な人もいそうです。

そういう制限に引っかかる人は現状ではみおふぉんが使えません。そもそもクレジットカード必須なところだけでも普通の携帯電話に比べてハードルが高い。

MVNOが一般的になるためには、こういうややこしい部分が今後、次々と改善されていくんだろうなあと思います。

-----------------------------------------------

書くのが遅くなりましたが、みおふぉん無事に届いて何の問題もなく使えております。

私のはピンクSIM(micro)でした。

通信ははやいし1台で通話も通信もできて、本当に快適です。

ところで、MNPして電話が止まった時、自分宛てに電話をかけてみました。アナウンスは「こちらはNTTドコモです・・・」になっていました(元々はauです)。おそらくMNPの手続きというのは一瞬で終わるものなんでしょうね。で、届いてSIMをスマホに入れるまでの間は使えなくなるということみたいです。

なので電話が止まっている間に着信があったら後でSMSでいつどこから電話があったか教えてくれます

【格安スマホ関連記事】

LINEモバイル(ソフトバンク回線)のSIMは2種類あって意外と複雑

LINEモバイルのソフトバンク回線がスタートしており、 私もさっそく契約 している。 SIMは2種類あって ・iPhone用 ・Android用 とある。これだけ覚えておいても実用上は問題ない。しかし具体的にみてみるともう少し複雑みたいだ。 LINEモバイルの...