日記2014-07

ネットに動画を上げてもそんなに伸びないし、コメントなんてめったにつきません。でもリアルに会った時に「動画みたよー」って言ってくれることがよくあります。そんなとき嬉しいと思うと同時に、コメントちょうだいよー、って思ってしまいます。声に出すのは簡単でも、文字にして送信するのは面倒。人って想像以上に面倒くさがりなのかもしれないと思いました。

-------------------------------------------

人は緊急度の高いとき難なく動けます。地震や火事のとき逃げるのはもちろんのこと、電話が来たとか誰か訪ねてきたとか、身軽に対応できます。

でもいつやっても変わらないことは、どんなに大事なことでもやる気にならないことがあります。夏休みの宿題だったら、初日にやっても10日目にやっても変わらない。それでいよいよ締め切りが近づいてやばいということになったらやる気が出てくる。そんなものです。

大事なことなのに緊急性がなくてやる気にならない時、私はやることを付箋に書いて、順番にこなすようにしてます。

書くときに多少内容を入れ替える時があっても、基本的には書いた順番通りに、あまり乗り気じゃなくてもやります。タスクを一次元的に考えます。

これっていまどきのコンピューターのタスク処理にちかい方法らしいです。優先度にかかわらず、タスクが来た順番にこなしていく。シンプルな方法です。

逆に昔、優先度を判断して、タスクの順番を色々入れ替えていくタイプのコンピューターもあったそうですが、能率がおもいっきり落ちてしまって実用的ではなかったそうなんです。

---------------------------------------------------------------------------------------

ついにハードディスクレコーダーが!!!

地デジにして以来、いやもっと前からテレビ番組を録画することを諦めていました。テレビなんて見なくていいなんて言うのは簡単ですが、見たい番組が減ったといってもやっぱり気になるタイトルがあるのは事実。

でもそれが寝てる時間だったりしたら諦めるしかなかったんです。また、たとえ家にいる時間帯の番組だったとしても、30分や1時間のために毎週決まった時間にチェックするというのは私の性格的に無理だと悟ってしまいました。

それでやっぱり録画できるなにかがほしいと前々から思っていました。

いざハードディスクレコーダーを導入してみて感じたのは、見れない時間の番組を定期的に録画できることだけではありませんでした。

VHSのビデオが使えなくなってからすっかり忘れていたけど、昔は確かに感じていたこと。それはスピードです。

CMが飛ばせるのはもちろんのこと、いらないコーナーや余計な演出を飛ばし飛ばし見ていたら、元の時間の半分くらいで、見終わってしまうのです。

まあ、普段から録画で見ている人には当たり前すぎてなにそれというおはなしですが。

---------------------------------------------------------------------

0 件のコメント :