tkl/tkって知ってましたか?

いつかGUIアプリを作ってみたい。

と前々から思ってました。

でも自分にはプログラミングの才能がない。

という問題がありました。

もともとC言語などを独学で勉強してみたことはあります。でもC言語そのものにはあまり楽しさを見出せなかった。

あれは計算機みたいなもので、それでいてコンピューターよりの仕様で高級じゃなくて、きっと好きな人にはたまらないのでしょうけど、~~を求めるアルゴリズムみたいのがどうにもなじめませんでした。

Javaもやったことあります。変数・式・制御構造とかはそれなりに理解できるけど、その後にクラスとかメソッドとか継承とか抽象とかあって、理解できないまでも必死に活字を追って、そんな感じでGUIまでの道のりがものすごく遠い。いったいいつになったらGUIを扱えるのかなと思ったら結局GUIのことに少し触れただけで本が終わってしまって残念な思いになってしまったりしました。おまけにSwingは重い。

だからDelphiには興味がありました。あれはまずGUIの部品を配置するところから始まって、そこに機能を足していく。でもCやJava、それにJavascriptなどから入った自分にはパスカルは妙に独特な言語に見えてしまってなかなか進みません。そのうちそのうち理解しようと思っているうちに、Delphiは歴史の表舞台から消えてしまいました。

日本語プログラミング言語ひまわりとか、HSPも試しましたが、あれも独特でつらい。VBははじめ方がわからん。

結局途中から自分に才能がないと気づいてしまって、たまにスクリプトを書くのは便利だからやめないけど、GUIアプリを作るという目標は宙に浮いたままになってしまいました。

さっき、ふとtkl/tkという言語(環境?)があることを知りました。ティクルティーケーと読むそうです。

いちおうGUIアプリを簡単に作れる方法は何度も調べたことがあったけど、tkl/tkは名前すら知らなかった。1980年代からあって最近でも開発が続いてるのに。

GUIを簡単に扱えるスクリプト言語で、ざっと見たところCの影響が強く、それでいて文字列の扱いが得意だそうです。これならスクリプトをフィルタくらいにしか使わない自分にも扱えそう!

マイナーな言語だと思っていたけど、日本語のインターネットの情報は意外なほど多く、入門だけでもいくつもあります。

ちょっとGUIの感じは古臭いけど、基本的な機能はそろっているみたいで、これで今まで頭の中で思い描いてたアプリはできるかどうか、かなり楽しみです。

0 件のコメント :