Twitterの動画って綺麗ですよね ~ というかニコニコ動画がんばれという話

ツイッターを見ていると勝手に再生される動画たち、6秒動画と30秒動画にYoutubeという選択もありますが、どれもぜんぶ綺麗ですよね。まるで写真みたいに綺麗です。

秒数を極限まで少なくして容量削減して、エンコードの質を上げるのは、頭のいい人が考えたんだろうなって思います。

これが30分とかの動画を一元管理するサービスだったらここまで綺麗にできません。たぶん。

私だけかもしれませんが、ウェブの画面自体は当たり前の存在になった最近でも、美しい動画が文章の中にはまってると、まるでSFの描く未来にいまいるような気になったりします。

というか、もしかしたらそれが「普通」なのかもしれませんね。いまは。

逆に言うとドワンゴのニコニコ動画の画質が現在の基準からすると汚すぎるのでしょうか。

普通にアップするといまいち画質。

自分でエンコーダー使ってアップするとそこそこ画質。

(たぶん)プロファイルをいじったりして作られる「ニコニコ動画にしては綺麗」な画質。

もうニコニコの最高クラスの画質でも、ツイッターの6秒動画に負けてたりします。おそらくスマホからそのままアップしたような普通の動画にですよ。

ことニコニコ生放送のほうに目を向けたら、一昔前からほとんど変わらない有様です。数年前なら神画質といわれた放送も、いま改めて見たら、ちょっと残念な気がしてなりません。

ニコニコ動画もっとがんばれって思います。土俵が違うのでかなうはずがないのですが、なんとかならないものでしょうかね……。

0 件のコメント :