スマホの未来を予想してみる(ほぼ個人的願望)

Galaxy S9発表 絞り可変 | 2018/2/26(月) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6273439
レンズの絞りをF1.5とF2.4の二段階に切り替えられる「デュアルアパチャー」も搭載。レンズを覗くと、内部で絞り羽根が機械的に動く様子を確認できます。暗い場所ではF値1.5、明るい場所ではF値2.4に切り替えることで、環境に応じた適切な写真を撮影できるというわけです。
//-----ここまで引用-----ここから本文

スマホが登場してからの10年でそのサイズも大い方へ変化しました。よく考えてみたら画面が大きくなればバッテリーはたっぷり積めるし高性能の部品を積めるし、その割に厚みさえ増えなければ持ち運びに影響は少ないし、いいことずくめなはずです。

でもそのスピードはとてもゆっくりで、少しずつ大きなスマホが受け入れられて来ました。おそらく過去の消費者はケータイ電話の画面は3.5~4インチくらいがちょうどいいと刷り込まれてたからでしょう。本当にいい物でも大多数に伝わるまでには時間がかかるものなんだと思います。

その線で行くと次に大型化してほしいのはカメラレンズです。今までは針穴みたいに小さいレンズでいかに画質を上げるかに力を入れていたと思います。最近はデュアルレンズが徐々に増えてきたりしていますが、思い切って直径3センチくらいのレンズを搭載したモデルが登場しないかなと思います。

もしもカメラは大きくてもいいと受け入れられたら米粒サイズのレンズで競っていた時と比べ物にならないくらいいいレンズが開発されると思うのです。素人考えかもしれませんが。

0 件のコメント:

北海道地震と停電の日記

「平成30年北海道胆振東部地震」発生と全世帯停電の記録 2018年9月4日夜から5日朝にかけて台風が北海道を通過した。結果的に家の周辺は大きな被害は無いのだけど、風の音がうるさくて熟睡することができなかった。たまたま次の日は仕事が休みだったので寝不足でもいいやくらいに思って...