マイクロソフトの LifeCam Studio はダメダメなカメラじゃない

情報というより愚痴みたいな記事です。

数か月前に LifeCam Studio というウェブカメラを特価で買ったらこれが非常に悪かった。いいところはHDカメラなので解像感はあるところ。他はほとんど悪くて、特に映像が暗くて色合いが悪い。いくつか思いつく理由があったのだけど、どうしても改善できなかった。

可能性の一つに偽物疑惑がある。本来7千円くらいするカメラが3000円以内だったからだ。そんな偽物が存在するのか不明だが、疑ってしまうほど画質が悪い。

もう一つ疑えるのは、これがWindows10に対応していないこと。もちろんマイクロソフトの製品だけにUSBをつなげれば動作するのだけど、Win7くらいの頃の製品なので全部の機能を使うには制限がある。だから古い目のマシンがあれば検証できたけど環境がないので試せなかった。

部屋のLED照明が悪いのかなと思った。日中の太陽の下でもかなり悪いのだけど、夜になって部屋の電気をつけると著しく色合いが狂うし見えないくらい暗くなるから。

ほかのPCのカメラやロジクールの最もエントリークラスのC270は問題ないので、もしかしたら LifeCam Studio が初期不良で壊れているのかもしれないとも思った。

そんなわけでこのカメラはほとんど使わずにしまってあった。ウェブカメラの主な用途である自分撮りの場合、明るさや色見に不具合があると自己イメージまで悪くなってしまう。

---------------------------------------

ところが今日それが一気に改善した。部屋の模様替えをして机の位置を変えて、光源とカメラと対象物の位置関係が大きく変わったからだ。それ以外に原因が思い浮かばない。

というかマイクロソフトのカメラの最上位の性能が思いっきり発揮されていて、色見が良くなって昼の逆光でもつぶれないし、夜のLED照明でも自然な色味で画像化されている。今までのが何だったのかと思うくらい良いカメラになっている。

推測だけど最近のカメラは画角の中にある白いものでホワイトバランスを決めていて、明るさも画面の中の物を基準に自動的に設定されるようになっている。ただたまに白じゃないものを白と認識してホワイトバランスが大きく崩れることがある。そんな時は真っ白い物をカメラの前に置くと改善されるのだが。

おそらく前の設置場所ではカメラの見ている中にの設定を乱す何ががあったのかもしれない。確かに木目の壁があるだけで真っ白なものが一つもなかった。机の配置が換わったら邪魔なものがなくなったんだろう。

--------------------

ほかのウェブカメラでは何の問題がなかったのにマイクロソフトのカメラだけ乱れてしまったのは、やっぱりこのカメラ特有の問題だったのだけど、それでも問題が取れてえしまえば本当にいいカメラになったので、結果オーライだと思った。

0 件のコメント:

LINEモバイル(ソフトバンク回線)のSIMは2種類あって意外と複雑

LINEモバイルのソフトバンク回線がスタートしており、 私もさっそく契約 している。 SIMは2種類あって ・iPhone用 ・Android用 とある。これだけ覚えておいても実用上は問題ない。しかし具体的にみてみるともう少し複雑みたいだ。 LINEモバイルの...