いまの時代にブログは「やり」なのか

いまからブログを始めたい、という人はいるんだろうか。ブームだった2000年代よりは少ないと思う。いまはいろいろなプラットフォーム(SNSや動画サイトなど)があるので、ブログでなんでもという人は少数だろう。

Youtubeみたいなユーザーを囲い込むサイトならチャンネル登録やフォローしてくれる人もたくさんいるけれど、ブログのつらいところはそういうシステムがないに等しいこと。

もちろんこのGoogle Bloggerにも「読者」という概念があるけれどBloggerユーザーしか使えないという残念な代物。各サービスを超えたつながりを持てるシステムがないし、今後も作られる可能性は少ないと思う。

普通のインターネット利用者にとっても個人ブログの存在感はあまりないんじゃないかと思う。まず私自身が人様のブログを読む機会がとても減っている。これも本当に、昔はこれしかなかったけれど今はほかにいろいろあるから。

ただ巷のうわさではこんな話を聞く。広告の世界ではますますネットの比重が高くなり、いままでテレビにお金を出していた企業がネットを重視するようになっていくこの流れは今後も続いていく、と。

そういわれると確かにうちのブログも、情熱は減る一方のわりに広告の収益率はよくなっている気がする……。

0 件のコメント:

【NEWS】 電波法違法になるのでただちにWi-Fiをオフにするようお願い!MAYA SYSTEM、Android 7.0 Nougatに ...

電波法違法になるのでただちにWi-Fiをオフにするようお願い!MAYA SYSTEM、Android 7.0 Nougatに ... http://s-max.jp/archives/1748204.html MAYA SYSTEMは8日、プラスワン・マーケティングか...