Macをやめた理由を簡単に説明する

過去のブログでMacBook Airを買ったことを報告したはずだが、いまは所有していない。その理由を一言でまとめると、Macを触ることが楽しくなかったから、だろうか。

最初はただ慣れの問題かなと思っていたが、そもそも使う気にならないので使い方の知識が頭に入っていかず、手先が慣れることもない。何か違和感があった。

かつてiPhoneOSだったころのiPod touchを購入したときは全然違った。今のiPhoneと比べれば未完成なOSだったはずなのに、使うのが楽しくてつい触ってしまっていた。

どうしてMacbookはそうならないんだろうと思って、Macを使いこなしている方々のブログ記事や動画をたくさん見たりした。たしかにあの人たちはとても楽しそうだ。

Mac上級者と自分の違いは何か考えてみると、彼らはiPhone, iMac, MacBook pro, Air, iPad, Apple Watch…というふうに様々なApple製品を連携させていることに気づいた。

iPhoneとiPad、iMac と MacbookといったApple製品には実は大きな2つの共通点がある。どれも高価な製品だというのが1つ。もうひとつは機能がかぶっていることだ。

いうまでもなくiPhoneとiPadは似ている。8割できることが同じだけど残り2割はそれがないとできないことという感じになっている。Macもだいたいそんな感じといえる。

つまりたとえば10万のiPhoneとiPadと、30万のMacbook proと20万のAirを持っていてそれらを連携させたときに最大限の力が発揮されるようにアップル製品はなっている。

そう思ったときPCとしては中途半端なAirだけ持っていてもあまり意味はないなと思ってしまった。iPhoneとiPadはスタンドアロンで働くけれどMac系はちょっと違う。

アパート生活にベンツを持つみたいなもので(そういう人が見ていたらごめんなさい、いないと思うけど)、やっぱりちょっとどうしてもバランスが悪い気がする。

もしそのままAirを持っていても多少のメリットはあるだろうけれど、時間とともに価値が薄まっていく負債になる可能性は高く、さっさと手放すことにした。

さすがアップル製品は人気があるだけあって、購入時とほとんど変わらない価格で売り払うことができた。その点はよかったと思う。

0 件のコメント:

LINEモバイル(ソフトバンク回線)のSIMは2種類あって意外と複雑

LINEモバイルのソフトバンク回線がスタートしており、 私もさっそく契約 している。 SIMは2種類あって ・iPhone用 ・Android用 とある。これだけ覚えておいても実用上は問題ない。しかし具体的にみてみるともう少し複雑みたいだ。 LINEモバイルの...