【NEWS】 総務省が最新のキャリアシェアを発表、ドコモが首位を維持するもauがジワジワ追い上げ

総務省が最新のキャリアシェアを発表、ドコモが首位を維持するもauがジワジワ追い上げ
http://www.appps.jp/296632/
総務省が先日公表したのは、「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データ」の最新データとなる平成29年度第四期版。

このデータは四半期毎に総務省が公表しているもので、電気通信事業報告規則の規定による電気通信事業者からの報告等に基づきまとめられたものとなっています。

公表されているデータでは、移動系通信というくくりで携帯電話の事業者別シェアが毎期出ており、さて最新のキャリアシェアはどうなってるのか?という話なのですが、それがこちら。

相変わらず強いのがNTTドコモで、シェアは38.7%。続いてKDDIが27.6%、ソフトバンクが23.1%となっております。

またMVNO(格安SIM系)に関しては10.6%と、約1割は格安SIMになっている模様。
//-----ここまで引用-----ここから本文


知っているようで知らなかった各キャリアのシェアの推移。というか意外な状況が結構前から続いていたという一点。

MVNOなどへの移動のせいでドコモのシェアが減っていたり、auが好調なのもイメージわくが、ソフトバンクも下がり気味なのは意外だった。

グラフで各社大きく下がっているところはそれまでカウントに含めていたMVNOが除外されるようになったからで、ドコモがガクッと減るのはわかるのだけど、ソフトバンクはそれと関係なくゆるやかに下がっている模様。

0 件のコメント:

北海道地震と停電の日記

「平成30年北海道胆振東部地震」発生と全世帯停電の記録 2018年9月4日夜から5日朝にかけて台風が北海道を通過した。結果的に家の周辺は大きな被害は無いのだけど、風の音がうるさくて熟睡することができなかった。たまたま次の日は仕事が休みだったので寝不足でもいいやくらいに思って...