【NEWS】 なぜMVNO通信サービスは昼休みの通信速度が遅いままなのか

なぜMVNO通信サービスは昼休みの通信速度が遅いままなのか
https://biz.news.mynavi.jp/articles/-/1920
MVNOのサービスは、同じ通信容量であれば毎月の通信料金が大手キャリアの半分から3分の1と、大幅に抑えられるので、料金面でのメリットが非常に大きいのは事実だろう。だが一方で、MVNOのサービスを利用している人から多くの不満の声が聞かれるのが通信速度だ。

というのも、特に昼休みや朝夕の通勤時間帯など、多くの人がスマートフォンを利用する時間帯になると、MVNOのサービスは軒並み通信速度が劇的に遅くなってしまうのだ。MVNOの状況にもよるが、その通信速度は動画視聴はおろか、Webサイトの閲覧やSNSの利用などであっても、まともに利用できないほど遅くなるケースもあり、深刻な状況が続いている。

こうした事象は大手キャリアのサービスではほとんど起きることはなく、MVNO特有の問題となっている。ではなぜ、MVNOの通信速度が遅くなりやすいのかといえば、それはネットワークの帯域幅、要するにデータの"通り道"が狭いからである。
//-----ここまで引用-----ここから本文


昼休みや帰宅時間はスマホを使う人が多く、通り道の狭いMVNOでは遅くなるということ。

MVNOが一般的でなかった黎明期は速くなったり遅くなったりで一喜一憂するのが楽しかったりもした。分母が少なかったので極端な値になりやすかったからだ。

いまはMVNO利用者が多いのでどのサービスもだいぶ「平均」に近づいたと思われる。つまり混雑時間はいつも遅い。

これはMVNO格安SIMを使う上でかなりつらいことの一つだと思う。

キャリアの回線は余裕があるようなので、そのうち混雑時間帯だけ多くの回線を借りることで無駄を出さない仕組みができていくような気がする。

日本通信あたりが壁を突破して各社に広がっていくことに期待。

0 件のコメント:

北海道地震と停電の日記

「平成30年北海道胆振東部地震」発生と全世帯停電の記録 2018年9月4日夜から5日朝にかけて台風が北海道を通過した。結果的に家の周辺は大きな被害は無いのだけど、風の音がうるさくて熟睡することができなかった。たまたま次の日は仕事が休みだったので寝不足でもいいやくらいに思って...