Roland DR-10というダイナミックマイクを900円で購入

今から2日前のこと。地元のセカンドストリートをパトロールしていたら気になるマイクを発見してしまった。ローランドのDR-10という型番で、価格は900円。中古品ながらしっかりとした箱に入った代物だった。

まずローランドというブランドは有名である。 この価格で販売されるということはよっぽどの廉価品なんだろうか。

1000円前後のマイクといえばCUSTOMTRY CM2000が有名。こちらも一応持っている。品質は別によくない。そういうポジションの製品なんだろうか。

【レビュー】カラオケ用にマイマイクCUSTOM TRY「CM-2000」を購入したのでさくっとレビュー | 左に右折-TRTTL- https://hidari-ni-usetu.com/buy-cm2000/

その場で立ち止まってググってみたところどうも様子が違う。 日本語の情報がほとんどない。自動生成ページじゃないちゃんとした日本語ページに限ればならないと言っていい。

じゃあよっぽど古い化石みたいな商品なんだろうか。 英語のベンチマークするページが見つかった。

Benchmark: Roland DR-10 hypercardioid dynamic microphone - Videomaker https://www.videomaker.com/article/c5/7526-benchmark-roland-dr-10-hypercardioid-dynamic-microphone

それによると定価は95ドル 。そのページが作られたのは1999年なので少なくてもその頃には販売されていたと思われる。

他にいくつかのフリーマーケットなどの残骸を見ていると、中古品でも4000円から7000円はするものらしい。900円という値段設定はまったく謎だ(インターネットを調べることで価格設定の根拠が見つかることもたまにある)。

これがもしちゃんとした楽器屋さんだったら品質の劣化とかは根拠に価格を下げている可能性が高い。しかしセカンドストリートでそこまでチェックするだろうか。しないんじゃないだろうか。英語のページすらみてないかもしれない。

一般的にコンデンサーマイクと比べてダイナミックマイクは劣化が少ないと言われている。コンデンサーに比べて湿度の変化や衝撃に強いからだ。 だからダイナミックだったら中古で買ってもいいかなという気になる。

失敗しても900円(+税)なので購入してみた。中の様子は後日ブログにする予定。

0 件のコメント :