ファーウェイ端末は危険なのか 他サイトではあまり語られない危険の分け方

いろいろと話題のファーウェイの端末がどんどん値下がりしているように思う。ファーウェイの危険性っていったいどうなのと思って他サイトをいくつか読んでみたら、いろいろと話がごちゃごちゃになっているので、自分なりに調べてみた。

ファーウェイで一番売れてたとされるP20 liteは去年、白ロムの新古品で26000円くらいが相場だった。これでもたま数が多いから値下がりしているだけで、ほとぼりが冷めたら未使用品は相場が上がっていくんだろうなと思っていた。本来そんなに安い端末じゃないよ。

いまの相場を見たら新古品で20000円を切り、状態のいい中古でも16800円くらいになっている。安い。

たしかにデジタルものは時とともに値下がりしていくのが普通だけど、それにしてもここまで下落し続ているのはいままであまりなかったこと。

テレビのニュースでもファーウェイは危ないかもしれない、アメリカもヨーロッパも排除しようとしているのに日本はどうなのと報道されているから、その効果で需要がなくなって価格がここまで落ちているのだと思う。

ファーウェイ端末のことで思うのは、何が危険なのか「分けなきゃ」いけないということ。

------------------


  • 中国国内では国家がスマホのデータを集めて見ている
  • データを収集していることが規約で明記されている
  • 中国共産党なにをするかわからない恐怖
  • 国家情報法があるので有事の際はファーウェイもスパイになる
-----------------

まず中国の国内向けのスマホはテロ対策などのために検閲されている。これは正々堂々とやりますといって実施していることなのである意味フェア。

ただたまに海外向けの仕様にも「うっかり」その機能を入れてしまって問題になることはある。ファーウェイ端末も中国国内で使う用の端末は政府が情報を抜いているだろうけど別に驚くことではない。

------------------

次に規約の話。よく知られているように今どきのOSやらアプリはGoogleもAppleもMicrosoftもみな個人のデータを匿名で集めている。ファーウェイも同じようにデータを収集することで使いやすいEMUIを実現したりしている。だからGoogleやAppleとやっていることは同じなのか、というと心情的に全然違う。

少し前のファーウェイの規約は次のようになっていた。

6.1 ユーザーは、当社およびその関連会社/ライセンサがユーザーの端末からデータを収集・利用することに同意するものとします (技術情報、連絡先情報、SMS/音声メッセージなどを含みますが、これらに限定されるものではありません) 。当該収集および利用は、本ソフトウェアの利用に関連して行われる場合および/または本ソフトウェアの機能の利用や継続利用の円滑化に関連して実施される場合があります。

技術情報、連絡先情報、SMS/音声メッセージなどを含む上にそれ以外も集めているかもしれないと言われたら誰でも警戒するだろう。なので当時はファーウェイはやばいと大いに話題になった。

ところが最新のリンクを開いてみるとこの文言が大きく改変されている。

6.1 当社のEMUIユーザー体験向上プログラムに参加して当社製品およびサービスの向上にご協力いただける場合、当社およびその関連会社/ライセンサは分析のためにユーザーの端末からデータを収集することができます。収集されるデータとして、端末設定データ、アプリケーション統計データ、エラーログデータが含まれます。全てのデータが匿名化されてから、収集および処理されます。 https://consumer.huawei.com/jp/legal/eula/
これだけ読めばGoogleやAppleとやっていることは大差ないように思える。最初からこの調子だったら問題にならなかったのになと思えるほど。

長くなったので、続きは別のエントリーで書く。つづき


0 件のコメント :