iPhone SEが5000円で出品されてたので勇気をもって突撃してみた話

>SIM フリーの iPhone SE が5000円


フリマサイトでこんな書き込みを見かけたらあなたならどうしますか??

フリマサイトでの売買はスマホ購入手段のひとつです。 フリマサイトでの売買というと怖い印象を持たれている方も多いかもしれません。実際購入してみてから全然よくなかったこともあります。

と言ってもあからさまな詐欺師が潜んでいてお金を振り込んだのに品物が送られてこないなどということは(実際にあるのかもしれませんが)現実にはそうそう出会うことありません。

むしろ出品者に商品に対する知識がないために説明不足になってしまって不本意な取引になる方が多いような気がします。

特にスマートフォンみたいなものはもともと難しい上に、よくわかってないけども使っているという人が世の中には多いです。 画面が割れているとかならすぐわかるのですが、初期化とかアクチベーションとか意味が分からず出品してる人も少なからずいます。

たとえばiPhoneは1度でも熱暴走すると記録が残るような機能があります。熱暴走したiPhoneはアップルストアでバッテリー交換などのサービスを受けられなかったりします。そんなこと普通知りませんよね。

そもそも誰もが皆説明上手とは限りません。 分かっていることでも書くの忘れたとか書くのがめんどくさいとかで説明になっていないことがあります。

なので普通のショップだったら絶対ないようなトラブルがフリマサイトでの売買では起こりえます。

怪しすぎるiPhone SE まさかの返事


そんな中先日、ジモティーというサイトで、5000円の iPhone SE を見かけました。しかもSIMフリーって書いてあります。

ちょうど身内で iPhone を使いたい人がいるので、もしこれが本当だったら購入したいところなんですが、どう考えても怪しい。怪しすぎます。値段が安すぎです。IPhone SE ってそんなに安くないはずです。

朝の時間帯だったのですが既に掲載から1時間以上たっていたので、たくさん問い合わせが来ているだろうから今更メッセージを送っても返事はないだろうと思って、ダメ元で1通送ってみました。ジモティーの場合、問い合わせがたくさん来ている投稿は他の人が見ても分かるようなシステムになっています。

しばらくして自分のスマホを見ると意外にも返信があり、内容を見てさらにびっくり。なんと取引できますとのこと。

どうしてそんな展開になったんでしょう。これは想像ですがたくさんメッセージが来ていたとしても「欲しい」と書いてあるメッセージがなかったのだと思います。 本当に5000円なんですかとか、 au で使えますかとか、さらに値下げできませんかとか、そのようなメッセージばっかりだったのかもしれません。

ただしどう考えても怪しい。やっぱりキャンセルしようかそれとも進んでみようか少し迷いました。

だけどもし失敗しても5000円損するだけだと思って、その人と会うことにしてみました。


わかれば納得 激安の理由


結論から言うと、その iPhone は正常動作品でした。もちろん SIM フリーで通信もできました。多少の傷はあるけど画面が割れたりもしていないですし水没もしてませんでした。

その人は割と年配の方で知り合いの人から個人的に iPhone SE を1万円で譲ってもらったけれど、結局使わなくなったのでフリマサイトに出品したと話してくれました。

お話を聞いて頭の中の疑問が一気に氷解しました。 昔の人のルールでは個人的に物を譲るときは半額にすることがあります。

元々1万円というのは少し安めな気がしますがおそらく親しい間柄だったのでしょう。ありえない価格ではありません。

そしてさらに半額になって私の元にやってきたのです。

Apple 製品は滅多に値崩れしませんので、このように現実の相場と大きくかけ離れた iPhone が出品されたわけです。

車やバイクなどではとりあえず半額でも問題ないのかもしれませんが、iPhoneでそれをする人がいるとはびっくりです。

こんなことがあるからフリマサイトでの取引はやめられません。

ただしこれは大成功例で、もちろん失敗例もあります。次のブログではフリマサイトでの失敗談も皆さんに読んでもらいたいと思います。

0 件のコメント :