ドン・キホーテ骨伝導イヤホン発売!他のレビューにはあまりないデメリットがある

一言でいうと朗読やトークには不向き。

皆様こんにちは。聴力が同世代の平均より少し低いといわれた筆者です。

先日ドン・キホーテから骨伝導イヤホンが約6千円の低価格で発売されました。ドン・キホーテに行ったらパッケージがあったのでそのまま購入してしまおうかと思ったのですが、失敗するのが怖いのでいったんやめておきました。


というのも私は骨伝導というものを体験したことがないので、一回ヨドバシカメラに行って体験してみようと思ったのです。

後日ヨドバシカメラに行ってみると膨大な数のイヤホン・ヘッドホンがあるので店員さんに聞いて骨伝導コーナーを教えてもらうと、だいたい1万円から2万円の価格帯のものが多かったです。

その中で2万円の AfterShokz のものをチョイスして聞いてみました。確かに言われている通り外の音はそのまま聞こえながらも、脳のBGMみたいに音楽が流れる不思議な感覚は悪くないです。耳の疲れも軽減できるでしょう。

しかし!

ラジオや動画の音声(しゃべり)は聞き取りにくいというかほとんど聞こえないですね。特にヨドバシカメラの騒がしい店内だと顕著です。音量MAXでもそうです。

なので音楽ファンにはいいですが、朗読やトークを聴きたい人には不向きだと思いました。これはほかのレビューではあまり見かけない意見ですよね。

そして骨伝導はあきらめて店内を眺めていたら妙に気になるアイテムを見つけてしまいました。それに関しては次回のブログで!

コメント

筆者のプロフィール

一応ブログ歴10年(?) 高校生の時にDTMがしたくてパソコンとインターネットに出会い異常なほど熱中する。 現在よりネットが未整備だった時代、正直いまだったらアウトなこともしてたかもしれない。 ITとは全然関係ない仕事をしつつもデジタル物好きは変わらず、家計簿によると年間支出のダントツ1位がデジタル関係だったりする。趣味としてパソコン・スマートフォンなどを使って得た何かを共有したくてブログを更新中。

このブログの人気の投稿

【つながらない!】MQube閉鎖か? 音声アップロードサイトの歴史と難しさ

【デメリット】OPPO A5 2020のツインアプリ(App Cloner)には不具合

【デメリット】OPPO A5 2020は文字入力が苦手