NASを使ってみたい小市民

世の人たちはなぜNASを導入したのでしょう。

こんにちは。"新型コロナウイルスで潰れるところは多いだろうけど後には「本物」だけが残るね"みたいなツイートを読んで、どう考えても残る本物の側には居なさそうな自覚を持ってしまった筆者です。

NAS(Network Attached Storage)といえば普通のハードディスク(やSSD)がネットワークに接続されたもの。いつかNASを使ってみたいなあと思いつつもまだ手を出していません。

使いたい理由はいろいろあります。家でデスクトップPCとノートPCを使い分けるときにファイルを共有したいときがあるのですが、いまはUSBメモリかDropboxかiCloudを使っています。つまりインターネット経由のファイル共有で大体のことはまかなえているけれど、ファイルが大きすぎるときなんかはUSBメモリという直接的な手段を使っています。

特にDropboxは非常に反応が早くわかりやすい仕組みなので、日常的にはほとんどこれだけでいいような気がしてしまいます。本来のファイル置き場と、共有用のファイル置き場でファイルが重複することになりますけどあまり問題になりません。

ただ現状メインPCではOSやアプリはSSDにいれて、データはHDDに入れるという運用をするならそのHDDをNASにしたほうがシンプルなんじゃないかなと思うのです。

躊躇してしまう理由としては、セキュリティー的な問題です。ネットワーク上にストレージがあるのは少し怖い。といっても認証済みのマシンからのみアクセスできるようになっていれば、結局はローカルに置いて起動のときにパスワードを入力するのと変わらないとも言えます(どうやって制限をかけるのかこの文章を書いている時点では知らないのですが多分あるでしょう)。

それにいくらスピードの出るLANがあったとしてもパソコンの中に入れるHDDよりはレスポンスが悪そうなイメージもあります。

あとは使っていないときでも常に電源がONになっている機器を増やしたくない、仮にスリープ機能があるタイプだったら復帰に時間がかかりそうで嫌だなという理由もあります。

総合すると、NASを導入してもいいけど、NASがなかったとしても大きな問題にならないから手を付ける気になれないということになると思います。

こういう話みたいに優先度が高くない未知の世界のものを導入するかどうかという場面に遭遇したら、人に話すなりして頭の中のぼんやりした情報を形にするのがいいんでしょうね。こうやって文章にするまで何に躊躇しているのかわからずモヤモヤしていました。

0 件のコメント: