知識0から iPhone修理に挑戦した話 その2

◆前回のあらすじ!


iPhoneの修理ができる人はかっこいい、時間がある今がチャンス。と考えて挑戦してみたのはいいけれど、メルカリで注文した割れたiPhone 7はなかなか発送されなかった。3日くらい放置されたのち、物流が混雑している中やっととどいたと思ったら、割れ以外問題ないどころか完全不動品で返品する羽目に。何もできない1週間だった。

◆再購入


こんにちは。筆者です。あれから同じような(割れ以外問題ない)iPhoneを同じような価格で購入し、いま届くのを待っています。

明日発送しま~す、というので楽しみに待っていたら予定を1日過ぎても音沙汰がないのでメッセージを送ってみたら、すみません忘れてました今日発送します、とのこと。放置するの流行ってるのか!?

私はオークション形式だったら発送できる日にしか日時設定しないのですが、いつ売れるかわからないフリマだと忙しい人に素早い発送は難しいのでしょうか???

結局なにもできないまま2週間が過ぎようとしています。

ちなみに先に購入したiPhoneはメルカリのシステムでキャンセルになりましたが、JCBデビットを使った取引の場合、返金まで60日はかかるそうです。金かえせー。

◆そもそも修理するメリットはあるの?


割れたiPhone7+スペア画面+スペアバッテリーの購入額を合計すると、ちゃんとしたiPhone7の購入金額を余裕で超えます。

まあパーツはピンからキリまであるので、フロントパネルもバッテリーも少しいいのを選んだというのもあります。そもそもAmazonのiPhone修理パーツは修理工具一式もついてくることから考えて一般向けのものです。営利目的の業者が使っているパーツとはものが違うと思われます。

メルカリみたいなフリマサイトは吹っ掛けてくる人もいるけれど、お人よしも一定数います。とにかく早く売れてほしいから安くてもいいよという人や、セカンドストリートやハードオフに売るよりよっぽど高額だからと、相場より安く設定されることがよくあるのです。

だから最初から壊れていないiPhoneを狙った方が結果的に安くつくかもしれないと、後になって思いました。

そもそも割れたiPhoneを出品するという人々がみないい人とは限りません。iPhoneを割ってしまう奴らです。

自分で使っていたけど割れてしまったので出品というのなら全然いいのですが、そうじゃない事情で売りに出しているケースもあるかもしれません。修理屋がどうにもならなくなったのを詳細を伏せてジャンク品として出している話も聞きました。

少なくともメルカリで手に入れる方式だと節約にはならないかもしれません。それ以外の調達方法を考える必要アリです。

勉強にはコストがかかると思うことにします。投資だと思ってのちに特技になったら万々歳です。

コメント

筆者のプロフィール

一応ブログ歴10年(?) 高校生の時にDTMがしたくてパソコンとインターネットに出会い異常なほど熱中する。 現在よりネットが未整備だった時代、正直いまだったらアウトなこともしてたかもしれない。 ITとは全然関係ない仕事をしつつもデジタル物好きは変わらず、家計簿によると年間支出のダントツ1位がデジタル関係だったりする。趣味としてパソコン・スマートフォンなどを使って得た何かを共有したくてブログを更新中。