iPhone容量を16GBに減らすことは可能なのか?2020 05

64GBのiPhoneを使っていたけど急なトラブルなどで使えなくなって、手持ちのサブ機が16GBしかない! みたいなことになったら。 

Hello,There,Hello! しらかば花粉真っ最中の筆者です。 果たしてiPhoneの容量を16GBにすることは可能なのでしょうか。できそうに思っていた時が私にもありました。
256GBのiPhoneではありますが普段は64GBを下回る使用量で使用しておりました。ミュージックは必要ない音楽まで入れていたつもりでしたが意外に11GBしかない。

大物ファイルを消せば30GB以内にするのは超簡単。
Podcastなんかがたくさんありました。念のためバックアップを取っておいてもいいですが、削除しても後からやっぱり使うことはないでしょう。
写真を消すといっても大きいのは動画だけ。大きい順に消せばあっという間いなくなります。
しかし20GBを下回るころから容量減らしに苦労するようになります。
ファイルの中の二度と使わない動画ファイルを消したり、あまり使わないアプリなどを消したり少しずつ削っていくと
16GBにはなりました。16GB以下になることと16GBのiPhoneでも使えることが同義なのかよくわかりません。実際もう少し余裕がないとOSが動かないこともあるでしょう。

16GBといってもOSの表示上はギャップがあるのでこれくらいまで削れば復元可能な気がします。
さらに減らしてみた。

というわけで16GB以下にはなりましたが、実用的かというと全然そんなことはないと思います。

iPhone 6sまで16GBが売られていたなんて信じられません。6sはまだ使えなくもないiPhoneだけど容量のせいで使い物にならない端末はごまんとあると思います。

メモリ少ないメーカー製Windowsパソコンをバカにできません。

といってもiPhone7からは最低でも32GBはあります。今回の実験でもわかるように32GBあれば数字のイメージ以上に余裕があります。

8/X以降のiPhoneは64GBが基準になりました。いまは4Kビデオをたくさん撮る人以外なら64GBでも十分と言われています。

コメント

筆者のプロフィール

一応ブログ歴10年(?) 高校生の時にDTMがしたくてパソコンとインターネットに出会い異常なほど熱中する。 現在よりネットが未整備だった時代、正直いまだったらアウトなこともしてたかもしれない。 ITとは全然関係ない仕事をしつつもデジタル物好きは変わらず、家計簿によると年間支出のダントツ1位がデジタル関係だったりする。趣味としてパソコン・スマートフォンなどを使って得た何かを共有したくてブログを更新中。

このブログの人気の投稿

【つながらない!】MQube閉鎖か? 音声アップロードサイトの歴史と難しさ

【デメリット】OPPO A5 2020のツインアプリ(App Cloner)には不具合

【デメリット】OPPO A5 2020は文字入力が苦手