Kindle Unlimited は必要ですか Prime Reading あればいらない気が

読書好きな人だったらすべてを電子書籍にすることは現時点では到底無理だという認識があると思います。そういう人にこそ気づいてほしいAmazon Prime Readingのすごさ。

こんにちは。Prime会員だけどあまりAmazonで買い物しない筆者です。

私はKindle Unlimitedが始まってすぐ飛びついた人間です。だって月額980円程度で電子書籍が読み放題だったら(月に1冊でも本を買う人だったら)便利すぎます。

ただ、ずっと契約していると飽きる時期があるので解約して、しばらくしていると割引価格のお誘いが来たりするのでまた契約したりを繰り返しています。

本好きの人にとって現状では電子書籍ですべて済ますことは到底無理なことです。一言でいうと読みたい本がなさすぎます。

しかし私はこう考えます。自分の家には自分だけの本棚があってそこに好きな本を並べるのは今後も変わらない。ただそれとは「別に」Kindleという本棚を持っていると。

例えるならよく行くラーメン屋や床屋に本棚があって読めるみたいな感覚です。ただし蔵書数はもっと多くていつでもアクセスできる違いはあります。

本来読むはずじゃなかったそういう本を読んでみたら意外に良くて世界が広がったなんてことはよくあることです。Kindle Unlimited や Prime Readingならそれが体験できます。

そういうわけでKindle Unlimitedの方を利用していたわけですが、Prime Readingの方だってなかなか面白そうな本が、数は少ないけど揃っています。そこそこ世間で話題になっている著者の本が含まれていたりします。

だからもうPrime Reading だけで十分な気がしてきました。Prime Reading含むAmazon Primeは月額500円です。

Prime Readingの蔵書数は1000冊程度だそうですが(漫画を除けばもっと少ない)、常に入れかわかっているので全部読むのは無理です。

自分の本棚とは「別の」本棚を持てると考えるとPrime Reading の月額500円はとても魅力的です。

というか本来は500円のPrime会員といえばAmazonの買い物が便利になって、映画やドラマが見れたり、音楽を聞けたりする月500円のサービスなので、プラス本も読めちゃうのはすごすぎますね。

コメント

筆者のプロフィール

一応ブログ歴10年(?) 高校生の時にDTMがしたくてパソコンとインターネットに出会い異常なほど熱中する。 現在よりネットが未整備だった時代、正直いまだったらアウトなこともしてたかもしれない。 ITとは全然関係ない仕事をしつつもデジタル物好きは変わらず、家計簿によると年間支出のダントツ1位がデジタル関係だったりする。趣味としてパソコン・スマートフォンなどを使って得た何かを共有したくてブログを更新中。

このブログの人気の投稿

【つながらない!】MQube閉鎖か? 音声アップロードサイトの歴史と難しさ

【デメリット】OPPO A5 2020のツインアプリ(App Cloner)には不具合

【デメリット】OPPO A5 2020は文字入力が苦手