パンデミック前にワイモバイルに乗り換えたのは失敗だった?

5年ぶりのキャリアへの復帰でしたが、3か月たった感想は当初思っていたのと違います。

こんにちは。もともとインドア派だったけど自粛となるとつらい筆者です。 

2月頭にMVNOのLINEモバイルSからワイモバイルに乗り換えました。 

SOFTBANK回線からSOFTBANK回線への乗り換えということでネット申込できず、ヨドバシカメラに行きました。Covid-19は始まっていたからマスクはしてたけどロックダウンはしてなかった。 

いまになって、とてもよかったかというとちょっと微妙です。 

良かったことは古巣LINEモバイルが今ものすごく遅くなっていて、主要MVNOの中でも最下位に近い状態なので脱出してよかったというのはあります。 

かつては最速チャレンジとか言ってたはずでサービス開始直後は確かにスピード出てたけど今はこの有様です。 

ワイモバイルは異次元の早さで、モバイルでもダウンロードが一瞬で終わるのはとても良いです。とくにMVNOだとアプリストアの速度が絞られていることが多いので、外出先でもアプリが難なく入れれるのは快適。 

しかしその機会があるかというとほとんどないというのが正直なところです。 

3GBで契約していてプラスなんやかんやで4GB半は使えたりするのですが月1GBも使わなかったりします。 

サブのマイネオもスピードアップしているのでマイネオであまり困らないのです。 

先のことがわかっていたらまた違った選択をしていたはずです(が、それはありえない話です)。 

いまは2年縛りじゃないので昔みたいに困ることはないですが、少しもったいないことをした気がしました。 

コメント

筆者のプロフィール

一応ブログ歴10年(?) 高校生の時にDTMがしたくてパソコンとインターネットに出会い異常なほど熱中する。 現在よりネットが未整備だった時代、正直いまだったらアウトなこともしてたかもしれない。 ITとは全然関係ない仕事をしつつもデジタル物好きは変わらず、家計簿によると年間支出のダントツ1位がデジタル関係だったりする。趣味としてパソコン・スマートフォンなどを使って得た何かを共有したくてブログを更新中。

このブログの人気の投稿

中華スマホを使う危険性は日本国内にある

OPPO A5 2020からGalaxy A7に乗り換え

OPPO A5 2020 から Galaxy A7に変えて一番残念なこと