非正規な修理店でiPhoneのバッテリー交換するのは損

iPhoneのバッテリーはしばらく使っていると劣化します。バッテリーの交換をするにはアップルストアや正規プロバイダーなど公式の方法と、街角にある修理屋で行う非正規な方法があります。

◆非正規ショップはやめとけ

非正規の修理屋でバッテリー交換してしまうのはちょっと損だと思います。理由は非正規の修理ショップで使われているバッテリーの品質が良くない場合があるからです。

私はちょうど1年前の2019年夏にiPhone 6sのバッテリーを札幌駅の非正規店で交換してもらいました。たった1年でそのバッテリーはヘロヘロに弱っています。

使い方によりますが公式の方法で交換していたら1年でここまで劣化することはないです。おまけにバッテリーの状態が100%で固定してしまっています。この点は詐欺みたいなものです。

非正規ショップで使わている互換バッテリーは正規品のバッテリーとは違うものです。品質は様々あると思いますが、利用者は選ぶことができないのが欠点です。

◆値段相応とも言えない

公式より安いからあたりまえでは? と思われるかもしれません。しかしアップルでは6千円かかるところ、非正規ショップでは5千円弱になるくらいです。

価格が7割だから性能も7割あるかというと、ちょっと足りないと思いませんか。もちろんあと半年しか使わないからとりあえず使えればいいという程度なら否定しませんが。

◆事情によっては

たとえば画面がちょっと割れていたりするとアップルでバッテリー交換をしようとすると、画面も一緒に直さないと受け付けてくれないといったことがあるので、そこは非正規ショップの方が融通は利きます。私もそんな理由で非正規にバッテリー交換しました。

ただそういう事情がないのに公式サービスを受けないのはちょっともったいない気がしてしまいます。

近くにアップルストアや正規プロバイダーがない場合もあるでしょうけれど、それでも面倒がらずに手続したほうがいいと思います。

◆どうして一般的に知られてない?

なぜそんなことが一般的に知られてないのか。謎です。昔の携帯電話はバッテリーを自分で交換できることが多かったのですが、その時代にも正規品と互換品が売られていました。正規品が4000千円なら互換品は2000円というくらいに、その当時から互換品は安かったのですが劣化の速さを考えると半額の価値もないものが多かったです。

でもその事実に気づいている人って多くなかったです。たぶんバッテリーの劣化具合は目に見えないので比べるのが難しいのだと思います。10何個購入した経験では正規品のコスパを超える互換品には出会ったことがありません。

非正規ショップでも品質の高い(正規品と変わらないくらい良い)バッテリーを使っている所はあるかもしれません。ただ事前にわからないのは消費者にとって大きなデメリットです。

おそらく高品質な物があったとしても値段が正規品と変わらなくて喜ばれない気がします。


コメント

筆者のプロフィール

一応ブログ歴10年(?) 高校生の時にDTMがしたくてパソコンとインターネットに出会い異常なほど熱中する。 現在よりネットが未整備だった時代、正直いまだったらアウトなこともしてたかもしれない。 ITとは全然関係ない仕事をしつつもデジタル物好きは変わらず、家計簿によると年間支出のダントツ1位がデジタル関係だったりする。趣味としてパソコン・スマートフォンなどを使って得た何かを共有したくてブログを更新中。

このブログの人気の投稿

中華スマホを使う危険性は日本国内にある

【つながらない!】MQube閉鎖か? 音声アップロードサイトの歴史と難しさ

OPPO A5 2020からGalaxy A7に乗り換え