格安スマホは安くないんだよ 本当のコストを計算してみた

 節約のために格安スマホにしよう! と周りに進めている私ですが、実際のところいくら使っているのか調べてみました。

家計簿は4年まえくらいからつけているけれど、抜けのない信頼できそうなデータは去年の1月からなので、去年12か月と今年の9か月(合わせて21)を足して割ってみます。

通信費や事務手数料・MNP代などをあわせると66276円で、月々3156円

乗り換えが多いのと、ほとんど常にSIMを2枚以上契約していたので少し高めですが、それでもキャリアの半額以下です。

じゃあスマホ本体代を入れたら? ついでにバッテリー代や周辺機器も。

本体代の金額を合計すると98947円(月4711円)。iPhone11なら買えそうな数字です。

通信費等と機種代等を足すと月々7867円払っている計算になります。

高いですね。原因を考えました

コメント

筆者のプロフィール

一応ブログ歴10年(?) 高校生の時にDTMがしたくてパソコンとインターネットに出会い異常なほど熱中する。 現在よりネットが未整備だった時代、正直いまだったらアウトなこともしてたかもしれない。 ITとは全然関係ない仕事をしつつもデジタル物好きは変わらず、家計簿によると年間支出のダントツ1位がデジタル関係だったりする。趣味としてパソコン・スマートフォンなどを使って得た何かを共有したくてブログを更新中。

このブログの人気の投稿

中華スマホを使う危険性は日本国内にある

OPPO A5 2020からGalaxy A7に乗り換え

OPPO A5 2020 から Galaxy A7に変えて一番残念なこと