iPhone 6sからiPhone SEへ乗り換えた感想?

私はしばらく iPhone ではなく Android をメインのスマホとして使っていました。一応 iPhone で持っているのは  iPhone 6s だけという状態でした。

iPhone 6s といえばいまから5年も前に発売されたスマホ。いまとなってはたいした性能ではないのですが、 iPhone と Android はOSの構造が違うため、最新の廉価版 Android  スマホに比べれば古い iPhone 6s の方が素早く快適に動きます。

あれから7、8、X、XS、11とiPhone の SoC は進化してきました。だから iPhone SE との性能の違いはかなりあります。

そんな6sとSE(第2世代)の体感速度を比べるとどうなるのか気になっていました。

正直に結論を言えば、思ったほど大きな差がありません。特に普段使っているアプリに関しては体感的に大きな差がないだけでなく、 iPhone SE の方が時々引っかかるのが気になります。

これは iPhone SE のが性能が低いというわけではなく、これだけ性能が違うのに引っかかるんだという心理的な錯覚によるものでしょう。

もちろん iPhone SE の方がアプリのインストールは早かったり、ゲームをすれば圧倒的に快適だったりというメリットはあると思います。

かつて Android に比べて性能が抑え気になっていた歴代 iPhone の中は、6sから7で大きく性能がアップしました。

そう考えると6sでこれだけ遜色なく使えるということは、7や8を使っている人は iPhone SE に乗り換えるメリットはほとんどないということになります。レスポンスの面では。

少なくとも Snapdragon 400番台の Android スマホよりはよっぽど快適です iPhone。速度の面では。


コメント

筆者のプロフィール

一応ブログ歴10年(?) 高校生の時にDTMがしたくてパソコンとインターネットに出会い異常なほど熱中する。 現在よりネットが未整備だった時代、正直いまだったらアウトなこともしてたかもしれない。 ITとは全然関係ない仕事をしつつもデジタル物好きは変わらず、家計簿によると年間支出のダントツ1位がデジタル関係だったりする。趣味としてパソコン・スマートフォンなどを使って得た何かを共有したくてブログを更新中。

このブログの人気の投稿

【つながらない!】MQube閉鎖か? 音声アップロードサイトの歴史と難しさ

新しいMacのApple M1チップは非力で最悪かもしれない

【デメリット】OPPO A5 2020は文字入力が苦手