楽天モバイル 160万回線だそうです 人気ないですね

 こんにちは。

そこそこビックリするニュースが突然舞い込んできました。楽天モバイルのいわゆる MNO の申し込み数が160万を突破したという話です。


楽天モバイルの申込数が160万を突破 三木谷氏は“携帯料金値下げ”の動きを歓迎 - ITmedia Mobile https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2011/12/news156.html  楽天モバイルの累計契約申込数が、2020年11月時点で160万を突破した。11月12日に開催した決算説明会で明らかになった。楽天モバイルが現在提供している「Rakuten UN-LIMIT V」では300万人は1年間無料とし、2020年内に300万契約の獲得を目標にしていた。楽天の三木谷浩史会長兼社長は「顧客獲得は、ほぼ順調に来ている」と話すが、年内の300万突破は難しそうだ。


100万回線申し込み今年の6月のこと、4月にキャンペーンが始まってからあっという間の出来事でした。


それから半年近くも経ってやっと160万とは、全然人気ないじゃないかというのが正直な感想です。


私が申し込んだのは7月のこと。当初の予想では10月ぐらいに300万回線になるだろうからその折り返し地点として7月に契約するのはちょうどいいのじゃないかという目論見がありました。


それも全然でした。


なぜ申し込みが鈍化したんでしょうか。 確かに今現在使ってない人でネットの評判だけ見てると、申し込んだのに届かなくてメインのスマホが使えなくなりサポートにも繋がらず、契約できていても突然パートナー回線が終了して自宅で圏外になったり、色々悪い噂はあります。


地方都市で使っているユーザーとしては、普通に使えるんだけどなあというのが素直な感想なのですが…。


数年後、楽天モバイルが軌道に乗って利益も出て成功したとなれば、これもいい思い出の一つになるんでしょうけど、ユーザーが集まらずに頓挫することだけは避けて欲しいです。


というわけで、キャンペーン終了ギリギリを狙って契約して少しでも美味しい思いをしてやろうと思っている皆さん。まだまだ余裕があります。


コメント

筆者のプロフィール

一応ブログ歴10年(?) 高校生の時にDTMがしたくてパソコンとインターネットに出会い異常なほど熱中する。 現在よりネットが未整備だった時代、正直いまだったらアウトなこともしてたかもしれない。 ITとは全然関係ない仕事をしつつもデジタル物好きは変わらず、家計簿によると年間支出のダントツ1位がデジタル関係だったりする。趣味としてパソコン・スマートフォンなどを使って得た何かを共有したくてブログを更新中。

このブログの人気の投稿

中華スマホを使う危険性は日本国内にある

新しいMacのApple M1チップは非力で最悪かもしれない

OPPO A5 2020 から Galaxy A7に変えて一番残念なこと