楽天モバイル開始から1年間を分析する

 サービス開始1年が経過した楽天モバイルを分析する--ビジネス編 - ZDNet Japan https://japan.zdnet.com/article/35161158/ 楽天モバイルがMNO(移動体通信事業者)として、2019年10月1日に先行サービス「無料サポータプログラム」を開始して1年が経ち、2020年9月30日には5G(第5世代移動体通信システム)サービスの提供を始めた。

楽天モバイルのといえば、私のような地方民には2020年春からの印象が強いですが、2019年の10月には始まっていました。

プログラムに参加できなくて悔しい、みたいな文章を書いていた記憶もあります。

そんな楽天モバイルの1年間を振り返るのに適した文章を見つけたので共有します。書いたのは山本雅史さんという方で、リンクしたのはビジネス編であり、全部で3回分あるそうです。

この1年の動向を見守っていた人にも、最近楽天モバイルを知って以前のことがよくわからなかった人にもわかりやすい記事だと思います。

コメント

筆者のプロフィール

一応ブログ歴10年(?) 高校生の時にDTMがしたくてパソコンとインターネットに出会い異常なほど熱中する。 現在よりネットが未整備だった時代、正直いまだったらアウトなこともしてたかもしれない。 ITとは全然関係ない仕事をしつつもデジタル物好きは変わらず、家計簿によると年間支出のダントツ1位がデジタル関係だったりする。趣味としてパソコン・スマートフォンなどを使って得た何かを共有したくてブログを更新中。

このブログの人気の投稿

中華スマホを使う危険性は日本国内にある

新しいMacのApple M1チップは非力で最悪かもしれない

OPPO A5 2020 から Galaxy A7に変えて一番残念なこと